C9510-418試験合格、C9510-418試験材料、C9510-418試験問題、C9510-418フィードバック、C9510-418勉強資料

Testpassportは簡単にIBM Certified System Administrator C9510-418試験に合格することができると信じている必要があります。
正常にIBM Certified System Administrator C9510-418試験合格に役立つサイトを一致させることができます。
弊社のIBM Certified System Administrator C9510-418試験材料は一年間の無料更新サービスを提供し、あなたはいつも最新の資料を持つことができます。
弊社のIBM Certified System Administrator C9510-418勉強資料を購入する場合、あなたのテストの準備の問題を解決します。
IBM Certified System Administrator C9510-418フィードバックがあります。

試験合格しました。本試験は模擬試験そのまんまの問題だらけで楽勝でした。ありがとうございました。みんなも頑張ってください。

真実のIBM Certified System Administrator C9510-418試験問題はとても似ている専門家チームの勤労の結果としてとても値打ちがあります。
弊社のIBM Certified System Administrator C9510-418勉強資料を利用したら、望むことを取得できます。
弊社のIBM Certified System Administrator C9510-418試験資料の成功率が100パーセントに達して、あなたが試験に合格することを保証します。

C9510-418認定試験の合格者は、IBM Certified System Administrator – WebSphere Application Server Network Deployment V9.0 として認定されます。

C9510-418試験情報

試験名称:IBM WebSphere Application Server Network Deployment V9.0 Core Administration
質問数: 65問
回答時間: 90分
合格に必要な正答率: 44%

弊社のIBM Certified System Administrator C9510-418勉強材料を使用することを選択した候補者の多くは、一度だけのためのC9510-418認定試験に合格しています。
受験者の要望にこたえるために、一番良いIBM Certified System Administrator C9510-418勉強材料を提供してあげます。
C9510-418認定試験大綱の主要なサプライヤーとして、専門家は一緻して品質の高い商品を開発し続けています。
弊社のC9510-418試験参考書できっとあなたが望ましい成功を取られます。

C9510-418出題項目

セクション 1: 環境のインストールと更新 (14%)
製品に保守を適用する。
IBM Installation Manager と IBM Packaging Utility、ならびにそれらが IBM WebSphere Application Server とコンポーネントのインストール、構成、保守においてローカルおよびリモートでどのような役割を果たすか理解して説明する。
IBM WebSphere Application Server のサイレント?インストールとフィックスパックのインストールを行う。
インストール後に検証を行う。
インストールに関する問題をトラブルシューティングする。
チェックポイントの使用も含め、構成のバックアップおよびリストアを行う。

セクション 2: 高可用性構成の作成 (9%)
マルチノード?トポロジーと適切な高可用性モデルを作成する。
IBM WebSphere Application Server トポロジーでノードを管理する。
高可用性を実現するために HTTP サーバーと Web サーバー?プラグインを構成して管理する。
高可用性およびフェイルオーバーのシナリオに向けて、分散されたセッション管理を構成する。

セクション 3: セキュリティーの構成 (17%)
ユーザー?リポジトリーを構成する。
クライアントおよびサーバーに SSL を構成する。
複数のセキュリティー?ドメインを実装する。
管理およびアプリケーションのセキュリティー?ロールを適用する。
さまざまな認証および許可のメカニズムを構成する。
Java Enterprise、Web および Web サービスのセキュリティーを構成する。

セクション 4: 環境のモニターと調整 (9%)
パフォーマンス?ツールを使用して IBM WebSphere Application Server ランタイムをモニターする。
IBM WebSphere Application Server のパフォーマンスに影響するパラメーターを調整する。
Performance Monitoring Infrastructure (PMI) のメトリックを使用し、MBeans をポーリングしてパフォーマンス?データを収集する。
WebSphere Application Server のキャッシング?メカニズムを構成して、モニターする。

セクション 5: インストール後の問題のトラブルシューティング (11%)
High Performance Extensible Logging (HPEL) を使用可能にして HPEL データを表示する。
クロス?コンポーネント?トレース (XCT) を使用可能にして、XCT ログ?ビューアーでトレース?データを表示する。
ヒープ?ダンプ、javacore ダンプ、システム?コア?ダンプ、冗長ガーベッジ?コレクション (GC) をトリガーおよび分析するツールを使用する。
「MustGather」資料または IBM Support Assistant 、あるいはその両方を使用して、診断データを収集?分析したり、IBM サポート にデータを送信したりする。
First Failure Data Capture (FFDC)、システム?ログ、ネイティブ?ログ、トレース?ログのログ?ファイルを構成、確認、分析する。

セクション 6: 環境の管理と構成 (20%)
データベースに接続する。
完全プロファイルを作成して管理する。
リソースを構成する。
Integrated Solution Console の使用について説明する。
ジョブ?マネージャーのツールの機能を使用する。
プロパティー?ファイルまたはモニター対象ディレクトリー、あるいはその両方のフィーチャーを使用して、IBM WebSphere Application Server 環境を構成または変更する。
環境に外部 HTTP サーバーを構成する。
管理タスクを実行するための標準のコマンド行ツール一式を使用する。

セクション 7: Intelligent Management フィーチャーの構成 (6%)
動的クラスターの Elasticity フィーチャーを使用する。
オンデマンド?ルーター (ODR) と ODR プラグイン、ならびに関連サービス?ポリシーを作成?構成して、動的操作を行えるようにする。
ヘルス?ポリシーとアクションを使用して、環境におけるパフォーマンスの変化をモニターし、対応する。
アプリケーション?エディションを構成し、保守する。

セクション 8: 多層環境の理解 (6%)
IBM WebSphere Application Server 構成のコンポーネントとサーバーを特定して、それらがどのように関連し連携するかを説明する。
要求がどのようにしてさまざまな WebSphere Application Server Network Deployment トポロジーを移動するかを説明する。

セクション 9: アプリケーションの管理とデプロイ (8%)
エンタープライズ?アプリケーション、Web アプリケーション、およびビジネス?レベル?アプリケーションの部分的な更新を実行する。
IBM WebSphere Application Server 環境にアプリケーションをデプロイする。

弊社のIBM Certified System Administrator C9510-418勉強資料が変わる限り、すぐに更新して差し上げます。
もし、IBM Certified System Administrator C9510-418試験に関連する知識をより多く知りたいなら、それもあなたの望みを満たすことができます。
最も先進的なIBM Certified System Administrator C9510-418勉強材料を作成しました、C9510-418問題と解答が含まれています。

1.Assuming there are no custom properties defined in current plugin-cfg.xml file, what should be done
before running the GenPluginCfg command?
A. Delete the globalplugin-cfg.xmlin the<profile_root>/config/cellsdirectory.
B. Delete the currentplugin-cfg.xmlin the<profile_root>/config/cellsdirectory.
C. CleartheEnable automated web server configuration processingoption in the web server plugin
configuration service.
D. Use either the Integrated Solutions Console or theConfigurewebServerDefinition.jaclscript to create a
web server definition.
Answer: B
Explanation:
Delete the plugin-cfg.xml file in the profile_root/config/cells directory before you use
theGenPluginCfgcommand. Otherwise, configuration changes do not persist to the plugin-cfg.xml file.
However, do not delete the plugin-cfg.xml file if you have custom properties that you previously set in it
that you need to persist.
Note:You can update the global plugin-cfg.xml file using the administrative console or running the
GenPluginCfg command for all of the clusters in a cell. However, you must delete the
config/cells/plugin-cfg.xml file before you update the global plugin-cfg.xml file. If you do not delete the
config/cells/plugin-cfg.xml file, only the new properties and their values are added to the global
plugin-cfg.xml file. Any updates to existing plug-in property values are not added to the global
plugin-cfg.xml file.
References:https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/en/SSAW57_8.5.5/com.ibm.websphere.nd.d
oc/ae/rxml_genplugincfg1.html

2.An administrator installs IBM WebSphere Application Server and an HTTP server, but when configuring
the environment, the administrator finds that the WebSphere Plug-in is missing.
Which tool can be used to fix this issue?
A. Customization Tool Box
B. IBM Installation Manager
C. Profile Management Tool
D. Integrated Solutions Console
Answer: D
Explanation:
In the WebSphere Integrated Solutions Console, the web server is represented as a specific server type,
and you can view or modify all of the configuration properties used in the plugin-cfg.xml file for the web
server plug-in from the WebSphere Integrated Solutions Console.
References:https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/en/SSHRKX_8.0.0/plan/plan_ihs.html

3.How can an administrator deploy or update an EAR, JAR, WAR, or SAR file to an application server or
cluster in a development environment?
A. Place the file in the monitored directory.
B. Place the file in the operating system defined temporary directory.
C. Place the file in the operating system defined user home directory for the user that owns the Java
process.
D. Email the file to wasadmin@hostname.com, where hotname.com is the host of the IBM WebSphere Application Server.
Answer: A
Explanation:
You can install an enterprise application fileon an application server or cluster by dragging or copying an
enterprise archive (EAR), web application archive (WAR), Java archive (JAR), or Session Initiation
Protocol (SIP) archive (SAR) to a monitored directory.
References:https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/en/SSAW57_8.5.5/com.ibm.websphere.nd.d
oc/ae/trun_app_install_dragdrop.html

4.An administrator notices that the Message Driven Beans (MDBs) are slow to complete, and decides to
increase the ‘Maximum concurrent MDB invocations per endpoint’.
Which thread pool should be tuned to ensure it can run the maximum number of MDBs without waiting?
A. Default
B. WebContainer
C. SIBJMSRAThreadPool
D. WMQJCAResourceAdapter
Answer: D
Explanation:
The thread pool WMQJCAResourceAdapter is referenced by the WebSphere MQ (WMQ) resource
adapter inbound delivery to MDB’s. When WebSphere MQ resource adapter is used in conjunction with
the activation specs, the resource adapter’s Work Manager uses the values defined for the
WMQJCAResourceAdapter for utilizing the total number of threads defined.
Ideally the default values provides for the WMQJCAResourceAdapter will be sufficient for the resource
adapter. But in case there is an heavy load on the system processing huge number of messages, you can
increase the maximum number of threads the thread pool can hold.
References:http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21383363

5.What does the –Dcom.ibm.webshpere.alarmthreadmonitor.generate.javacore JVM argument do?
A. Creates a javacore dump when a thread is hung
B. Generates a Tracemessage that a javacore should be generated
C. Generates a SystemOut message that a javacore should be generated
D. Allows the administrator to choose whether or not to generate a javacore when a hang is detected
Answer: A
Explanation:
If you want to monitor the activity of threads on which system alarms execute, add the following JVM
generic arguments to the server settings.
-Dcom.ibm.websphere.alarmthreadmonitor.generate.javacore
Set to any value to cause a javacore dump to be created when an hung system alarm threadis detected.
The threads section of the javacore dump can be analyzed to determine what the reported thread and
other related threads are doing.
References:https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/en/SSAW57_8.5.5/com.ibm.websphere.nd.d
oc/ae/ttrb_confighangdet.html