C9010-260研究材料、C9010-260勉強資料、C9010-260練習問題、C9010-260受験対策、C9010-260問題と回答

Testpassportは非常に経験豊富であり、IBM Certified Sales Specialist C9010-260研究材料はほぼ同じで、実際の試験問題に非常に近いです。
弊社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260勉強資料を使うと、あなたの目標を達成し、最高の結果を得ることができます。
弊社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260練習問題は受験生のために特別に作成したものですから、97%パーセントの合格率を保証します。
弊社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260受験対策は非常に良好であり、非常に高速な更新レートを持っています。
当社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260試験資料を利用したら、一年間の無料更新サービスを提供します。
高品質のC9010-260問題と回答を提供します。

1.A potential IBM POWER8 customer is worried about the life of RISC processor.
Which of the following response should help the customers do not have to worry too much about investment in Power System’s?
A. Because IBM support Little Endian, AIX and IBM i will be able to run on x86.
B. IBM operating system and Power Technology Roadmap emphasizes the IBM technology promises.
C. Even if POWER stop production, all IBM applications and middleware have been ported to Linux.
D. IBM assure OpenPOWER foundation that IBM will continue to develop POWER chips in the next 10 years.
Answer: B

2.A customer is close to maximum energy consumption in their data center and wants to measure and predict energy use.
Which POWER8 feature will provide the required function?
A. Power capping
B. Power saver mode
C. Power core nap mode
D. Power trending
Answer: D

3.Software developers can take advantage of what elements of POWER8 technology to optimize the performance in E870?
A. transactional memory and SMT
B. Active Memory Expansion and store keys
C. first failure data capture (FFDC) and the service processor
D. Hypervisor and thermal power management device (TPMD)
Answer: A

4.Customers want to run an Oracle application which POWER8 and competitors platform both provide. The Oracle application per core permission.
Which POWER8 processor advantage can provide a competitive advantage of total cost of ownership (TCO) aspect?
A. core performance
B. 8 cores per processor
C. 3 memory cache
D. processor instruction retry
Answer: A

5.How does POWER8 technology bring to lower TCO?
A. higher performance core can reduce software license.
B. RAS feature means that no longer need to spend any cost on a failover system.
C. Power systems of lower energy consumption can be reduce 20% of the system cost.
D. Software License and Capacity on Demand make the minimum number of software license core.
Answer: A

6.Which P0WER8 technology features contribute the most to lower TCO?
A.CAPI and transactional memory
B.High performance cores and SMT
C.PCIe Gen3 support and Hot Plug adapters
D.First Failure Data Capture and Thermal Power Management Device
Answer: B

7.A customer is running a large application on x86 Linux with an Oracle Enterprise database.
Which of the following can be used to financially justify migrating the application to POWER8 and DB2?
A. POWER8 requires fewer cores to run the same workload.
B. POWER8 Active Memory Expansion reduces the cost of memory.
C. POWER8 cores exploit SMT6.
D. POWER8 hardware and software maintenance costs are lower.
Answer: A

8.What PCI adapter does POWER8 support?
A. only PCIe Gen 3
B. PCI-X and PCIe Gen 3
C. PCIe Gen 1, PCIe Gen 2 and PCIe Gen 3
D. PCI-X, PCIe Gen 1, PCIe Gen 2 and PCIe Gen 3
Answer: C

9.Which of the following features does POWER8 scale-out system provide?
A. memory capacity on demand expansion
B. processor capacity on demand expansion
C. redundant service processor
D. solid state disk drives
Answer: D

10.A POWERS customer with disk expansion drawers needs a non-disruptive solution to improve the disk performance at the lowest cost.
What should be proposed to satisfy the customer’s requirement?
A. V7000 SAN Disk
B. 840 Flash Storage
C. DS5000 SAN Disk
D. SSD drives
Answer: D

C9010-260テスト情報:

試験名称:IBM Power Systems with POWER8 Sales Skills V2
質問の数:62
分の時間:120
必要な合格スコア:66%
言語:英語

C9010-260出題範囲:

一般的な製品知識(27%)
機能および/または制限を含むIBM Power Systems Scale-outおよびLinuxモデルについて説明してください。
NVIDIAテクノロジを採用したPower Systemsの市場機会を明確にします。
機能および/または制限を含むIBM Power Systems Enterpriseモデル?サーバーについて説明します。
電源システム周辺機器を記述する(例えばHMC /仮想HMC、I / O拡張ドロワー、UPS、ラック、テープおよび/またはオフラインストレージ)、及びこれらを推奨又は要求される場合。
シナリオが与えられると、適切なディスクストレージ(従来の内部ディスク、内部SSD、フラッシュ、または外部ストレージ)を決定します。
シナリオが与えられたら、適切なオペレーティング?システム(AIX、IBM i、またはLinux)を判別します。
PoerHA、PowerVM、PowerSC、PowerVC、PowerVP、PowerKVMなど、Power Systemsソフトウェア製品とその意図された機能について記述する
信頼性、可用性、サービス性(RAS)をサポートするPower Systemsのアーキテクチャ、テクノロジ、およびオペレーティングシステムの機能について説明します。
Power Systemsのエネルギー管理機能について説明します。
ハイレベルで使用可能なI / Oアダプタを説明して(例えばSAS、フラッシュ、ファイバ?チャネル、インフィニバンド、イーサネット)およびそれらがどのようにシステムに組み込まれたものも含め、現在のソリューションに適用されます。
クラウド、分析、モバイル、セキュリティー、およびソーシャル?ワークロードの要件をサポートする主要なIBM製品を記述します。
CAPI機能がPower Systemsソリューションにもたらしたユニークな利点を説明してください。
OpenPOWER Foundationが提供する顧客のメリットを記述します。
オープンソースコミュニティに沿ったソリューションによって提供される顧客の利益と競争上の優位性について記述してください。

競争(15%)
Oracle、HP、Dell、およびCiscoを含む競合製品とPower Systemsサーバを区別します。
Power Systemsサーバーとx86 Linuxの競合を区別します。
VMware、Hyper-V、KVM、XenServerなどの競争力のある仮想化ソリューションに対して、PowerVMやPowerKVMなどのIBM仮想化ソリューションを差別化します。
IBMが競争相手と提携している状況(例:Oracle on Power)での機会を認識する。
競合状況で使用するための適切なツールとリソース(IBM COMP、Executive Briefing Center、Eagle Studyなど)を特定する。
既存のアプリケーション/データベースをPOWER8に移植する利点について説明します。
Power CloudクラウドソリューションからCloud AWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azure、およびOracle Cloudを区別します。

価値提案(29%)
Powe SystemsテクノロジがTCOを削減するためにどのように役立つのかを説明し、TCOを判断するためのツールの理解を示すことを含め、ROIを向上させることができます。
Power Systemsの製品が競争力のあるTCAにどのように貢献しているかを記述します。
典型的な顧客の苦境点(パフォーマンス、エネルギー消費、サーバースプロール、RAS、および予算)を解決するPower Systemsのビジネス上の利点を特定します。
Power Systemsサーバの多様性(例えば、仮想化、パーティション/アプリケーションのモビリティ、リソースの利用率など)を説明する。
競合他社のx86ソリューションと比較して、Power Systemsソリューションの価値提案を比較してください。
最適化されたソリューションスタック(ハードウェア、OS、ミドルウェア)の利点について説明します。
Powe Systemsのロードマップと、お客様の投資保護に対するIBMのコミットメントをどのように示しているか説明してください。
クラウド、分析、モバイル、セキュリティ、ソーシャルなどの戦略的ソリューションのためのPower Systemsの主な利点を説明してください。
Power Systems上で動作するISVおよびIBMミドルウェア(WebSphere、Rational、Tivoli、Redis、SAP Hana、DB2など)を特定する。
CAPI(コヒーレントアクセラレータプロセサインタフェース)POWER8アーキテクチャにもたらす(例えば、価値を認識し、ユースケースを区別)し、ここで、使用される可能性があること値を記述する。
Power SystemsのIBMクラウドソリューション(クラウドオーケストレーター、スケールアウトクラウド向けのIBM Power Systemsソリューションエディションなど)を特定します。
パワーシステムズ版、IBMデータ?エンジン解析のために – – 電力システム上のIBMのアナリティクス?ソリューション(例えば、電源オンDB2 BLU、HadoopのためのIBMのソリューションは、識別パワーシステムズEditionは、NoSQLのためのIBMデータエンジン – パワーシステムズ版、弾性ストレージ4.1で実装しますGPFS、Cognos、InfoSphere Streamsなど)が含まれます。
IBM MobileFirst Platform Foundation(以前のIBM WorkLight)など、Power SystemsのIBMモバイルソリューションを特定します。
仮想化、可用性、パフォーマンス、環境、ツールおよび標準、セキュリティ、アプリケーションの可用性、スケーラビリティ、キャパシティオンデマンドなど、Power Systemsによって提供されるインフラストラクチャの利点を明確にします。

ハイレベルなソリューション設計(29%)
顧客の要求がある場合、どのPower Systemsサーバー(たとえば、エンタープライズとスケールアウト)、オペレーティングシステム、適用可能なI / O、およびシステムソフトウェアがそれらのニーズをサポートしているかを判断します。
Scale-outシステムまたはEnterpriseシステムのいずれかでクライアントの要件を満たすことができる場合は、各アプローチの長所と短所を明確にしてください。
Power上で異なるオペレーティングシステムを実行することの価格上の利点や欠点を特定する

弊社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260問題集は技術と技術的なポストのあなたのレベルと一致して得るのを助ける、高い給料を得るために、ITホワイトカラー労働者に緩和することができます。
弊社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260トレーニング資料はインターネットであなたの緊張を解消することができます。
購入率と弊社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260勉強材料の良好な受信がインターネット上で最高です。